【過去問】第27回環境社会検定試験(eco検定)第1問Web学習

資格取得

2019年度第27回環境社会検定試験(eco検定)の第1問のWeb学習ページです。

繰り返し学習し、試験に備えましょう!(‾・ω・‾)

28

第27回 環境社会検定試験1

第1問(各1点×10問)

1 / 10

水俣病、新潟水俣病、イタイイタイ病、四日市ぜんそくの被害者が起こした訴訟は1970年代前半に全て原告勝訴の判決が出され、その結果は公害健康被害補償制度の整備、対策技術の開発・普及などにつながっていった。

 

2 / 10

化学物質を起因とする環境リスクの大きさは、その化学物質の有害性と暴露量(呼吸、飲食、皮膚接触などの経路で体内に取り込まれる量)で決まる。

 

3 / 10

地球温暖化を引き起こす温室効果ガスには、二酸化炭素(CO2)、メタン、ハイドロフルオロカーボン類(HFCs)などがあるが、各ガスの温室効果に影響する度合いを示す地球温暖化係数は同じである。

 

4 / 10

放射性物質による環境汚染への対応は、従来環境行政の中で扱われてきたが、2011年の福島第一原子力発電所事故を契機に、環境行政の枠組みから除外されることになった。

 

5 / 10

1990年代、香川県豊島や青森・岩手県境などで大規模不法投棄事案が発覚し、これに対処するため廃棄物処理法による規制が強化されたが、現在も廃棄物の不法投棄は発見されている。

 

6 / 10

土壌汚染の特徴は、土中の微生物により汚染物質が分解、自然浄化され、汚染が短期間に消失することである。

 

7 / 10

サンゴ礁は海の熱帯林とも言われており、生息する生き物の種類は非常に多いが、海水温の上昇の影響により、白化や死滅といった影響が報告されている。

 

8 / 10

繊維状の鉱物であるアスベストは、肺がんや悪性中皮腫などの原因とされており、現在では製造・輸入が禁止されている。

 

9 / 10

生命の誕生、生存に欠かせない存在である水は、地球上に約14億k㎥あるが、その大半が淡水である。

 

10 / 10

温室効果ガスの代表であるCO2の大気中の濃度は、産業革命以降の化石燃料の大量消費により、上昇を続けている。

 

Your score is

The average score is 77%

0%

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました