【過去問】第27回環境社会検定試験(eco検定)第4問Web学習

資格取得

2019年度第27回環境社会検定試験(eco検定)の第4問のWeb学習ページです。

繰り返し学習し、試験に備えましょう!(‾・ω・‾)

18
Created on

第27回 環境社会検定試験4-1

第4問 4-1(各1点×5問)

1 / 5

容器包装リサイクル法では、容器包装の製造者などに再商品化(リサイクル)の義務が課せられている。このような、製品の生産者は製品の使用後の廃棄・リサイクルの段階まで製品に伴う環境負荷に責任を持つべき、との考え方として最も適切なものを下記の中から1つ選びなさい。

 

2 / 5

リサイクル目的で海外に輸出されるもののうち、不適切に処理され、輸出先で環境汚染を引き起こすケースもある。このように輸出により輸出先で汚染を引き起こしかねない問題として最も適切なものを選びなさい。

 

3 / 5

中国などの諸国で廃プラスチックの受け入れを制限する動きが進み、また有害廃棄物の越境移動を規制する【 】において、汚れた廃プラスチックの輸出規制を強化することも合意されている。【 】に当てはまるものを選びなさい。

 

4 / 5

「3R+Renewable」の3R(リデュース、リユース、リサイクル)について、循環型社会形成推進基本法は取り組むべき優先順位を定めている。その優先順位について最も適切なものを選びなさい。

 

5 / 5

2019年6月に大阪で開かれた【 】の宣言では、2050年までに海洋プラスチックごみによる追加的な汚染をゼロにすることを目指すことが合意され、国際的にも海洋プラスチック排出経済に取り組むこととされている。【 】に当てはまるものを選びなさい。

 

Your score is

The average score is 66%

0%

 

12
Created on

第27回 環境社会検定試験4-2

第4問 4-2(各1点×5問)

1 / 5

世界の平均気温上昇を産業革命以前と比較して2℃より十分低く保つとの目標を達成するためには、2050年までに全世界の温室効果ガス排出量を2010年比40〜70%減、2100年までにゼロかそれ以下にすることが必要である。そのためには、温室効果ガスの大半を占めるCO2排出に深くかかわるエネルギーのあり方を、脱炭素化社会構築の観点から大きく見直す必要がある。

第一に、産業構造や都市・社会構造を転換することが挙げられる。地方自治体による低炭素型の都市計画作りやインフラ整備を支援する【 】に基づく戦略作りなどが進められている。

 

 

2 / 5

第二は、エネルギー効率の向上である。さまざまな省エネルギー技術を活用するとともに、システムとしての省エネルギーが必要である。都市ガスなどから得られた水素を酸素と反応させて発電する【 】の開発が進み、家庭向け機器の普及も進んでいる。建築物では複層ガラスや断熱サッシの導入により、窓などから熱の出入りを極力抑えることも有効である。

 

3 / 5

第三に供給エネルギーの脱炭素化であり、太陽光、風力、バイオマス、水力、地熱など【 】の積極的活用が重要である。

 

4 / 5

太陽光を利用したメガソーラーなど太陽光発電、【 】など風力発電所の建設が進められている。

 

5 / 5

地熱を利用する地熱発電は取組みの歴史は長いが、開発期間が長いことや、立地が国立公園や【 】と重なることが多いため関係者との調整が必要なことが課題となっている。

 

Your score is

The average score is 87%

0%

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました