【過去問】第27回環境社会検定試験(eco検定)第6問Web学習

資格取得

2019年度第27回環境社会検定試験(eco検定)の第6問のWeb学習ページです。

適切な用語を選択する問題です!

繰り返し学習し、試験に備えましょう!(‾・ω・‾)

18
Created on

第27回 環境社会検定試験6

第6問 (各1点×10問)

1 / 10

人間の活動がどれほど自然環境に影響を与えているかを陸域と水域の面積で示す指標に【 】があり、2013年の資産では、わたしたちの生活を支えるためには、地球1.7個分が必要とされている。

 

2 / 10

自然環境保全、野生生物保護、自然との共生といった政策の基本原則などを定める基本法として2008年に【 】が制定された。

 

3 / 10

経済成長とこれによって生じる環境負荷の増加を切り離すことを【 】といい、例えば、経済成長を実現しつつ、CO2排出量を減少させることがこれに含まれる。

 

4 / 10

携帯電話、ゲーム機などの小型家電製品には、金、銀などの貴金属やレアメタルが含まれており、都市で大量に排出されるこれらの廃棄物は【 】と呼ばれている。

 

5 / 10

持続可能な社会や脱炭素社会の構築には、【 】の手法により、将来あるべき姿の社会を想定し、そこに至る道筋を立てて、現在からの対策を検討していくことが求められる。

 

6 / 10

再生可能エネルギーによる発電の推進のため、2012年に【 】が導入された。安定的な利益につながることから太陽光発電を中心に整備が急速に増加したが、一方でその費用をまかなう再エネ賦課金の増大への対処が進められている。

 

7 / 10

中山間地域では人口減、高齢化により人間活動が弱まっており、そうした地域に、数が増えているシカ、イノシシなどが侵入し、農地や植林地を荒らす【 】が問題となっている。

 

8 / 10

廃棄物は、廃棄物処理法により一般廃棄物と【 】に分けられ、【 】は排出事業者が自ら又は専門業者などに委託して適正な処理をすることとされている。

 

9 / 10

内湾や湖沼など水の出入りが少なく汚染物質が蓄積しやすい【 】では、湖沼や、東京湾、伊勢湾、瀬戸内海、有明海・八代海などの水域に注目して制度が作られ、水質総量規制などの対策が進められている。

 

10 / 10

環境保全の取り組みを推進し、環境政策の目標を達成するために、税や課徴金といった負担、補助金などの助成を通じてインセンティブを付与し、各主体の行動を誘導する手法を【 】という。

 

Your score is

The average score is 77%

0%

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました