【過去問】第27回環境社会検定試験(eco検定)第7問Web学習

資格取得

2019年度第27回環境社会検定試験(eco検定)の第7問のWeb学習ページです。

繰り返し学習し、試験に備えましょう!(‾・ω・‾)

21
Created on

第27回 環境社会検定試験7

第7問 (各2点×5問)

1 / 5

大気汚染とは、工場や自動車などの人為的発生源から発生する大気汚染原因物質により、大気中の汚染物質や微粒子が増加し、また更にそれらが大気中で化学反応を経て大気汚染物質が生成された結果、人の健康や生活環境に影響をもたらすことをいう。

主に工場・火力発電所において石炭、石油などを燃焼することにより排出される【 】は気管支ぜんそくなどの呼吸器系の疾患を引き起こすおそれがあり、四日市ぜんそくの主たる原因となった。

 

2 / 5

窒素酸化物(NOx)は、工場・火力発電所などのほか、自動車などの【 】など多様な排出源から排出され、硫黄酸化物(SOx)と同様に呼吸器系の疾患を引き起こすおそれがある。

 

3 / 5

また、トルエン、キシレンなどの【 】は、有機溶剤、塗料などに含まれており、気体となり待機中に発散する。

 

4 / 5

窒素酸化物(NOx)と揮発性有機化合物(VOC)は大気中で、太陽からの紫外線を受けて化学反応を起こし、【 】オキシダントを生成し、【 】スモッグの原因となる。【 】スモッグは1970年代に深刻な問題となったが、近年も依然として注意報が頻繁に出されている。

 

5 / 5

近年、微小粒子状物質の中でも特に粒径が細かい【 】が問題になっており、一部大陸から偏西風に乗って飛来していることも観測されている。

 

Your score is

The average score is 87%

0%

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました