【過去問】第27回環境社会検定試験(eco検定)第9問Web学習

資格取得

2019年度第27回環境社会検定試験(eco検定)の第9問のWeb学習ページです。

繰り返し学習し、試験に備えましょう!(‾・ω・‾)

13
Created on

第27回 環境社会検定試験9-1

第9-1問 (各1点×5問)

1 / 5

高度成長期の激甚な公害や自然環境の破壊に対処するため、1971年に環境行政を専門的に扱う環境庁が設置された。大気汚染防止法、水質汚濁防止法などによる環境規制が厳しくなり、【 】型の公害対策技術が大幅に進み、後に日本は公害対策先進国と称されるようになった。

 

2 / 5

1980年代以降、人口の大都市への集中、モータリゼーションの進展、容器包装の増加など消費生活の変化、化学物質の開発・普及など環境問題の原因は多様で複合的になり、社会構造や人々の生活を対象として取り組むことが必要になってきた。また、大規模な事業についてさまざまな環境への影響を評価し事業に反映する制度である【 】の法則化の必要性が叫ばれたが、経済への悪影響を懸念する声が強く、実現には至らなかった。

 

3 / 5

こうした日本の環境政策を大きく動かしたのは、1980年代後半から活発化し今日まで続く地球環境問題に取り組む国際的な動きだった。1985年にオゾン層保護に取り組むウィーン条約が締結され、1987年には【 】が採択されている。

 

4 / 5

日本でも1988年にオゾン層保護法が制定され、取組みが進められた。1987年には、環境と開発に関する世界委員会(WCED)が報告書【 】を発表し、持続可能な開発という考え方を基礎とした行動に転換すべきと提唱した。

 

5 / 5

日本でも、環境問題をめぐる大きな状況の変化を受け、1993年に環境政策を根幹を定めた【 】が制定され、公害、自然破壊への取組み、さらには地球環境問題への取組みを統合的に進めることとなった。

 

Your score is

The average score is 83%

0%

 

9
Created on

第27回 環境社会検定試験9-2

第9-2問 (各1点×5問)

1 / 5

2018年に策定された第5次環境基本計画は、「環境、経済、社会の統合的な向上を図りながら【 】を目指す」とし、その中で、地域循環共生圏の考え方を提唱している。

 

2 / 5

環境基本計画では、それぞれの地域が持続可能である必要があり、地域がその特性を生かした地域作りを進めることが求められているとしている。地域循環共生圏は、地域で得られる資源を地域で循環させて、自立・分散型の社会を作ろうとするものである。例えば地域でとれたものを地域で消費する【 】がある。

 

3 / 5

地域で発生する家畜排泄物、稲わら、林地残材、間伐材などの【 】をエネルギーに換え地域内で消費する。

4 / 5

一方、各地域は支え合うことも必要になる。水資源、水質浄化、災害防止、木材など地方の自然環境が地方の自然環境が提供する【 】は、都市部を含め広い地域に恩恵を与えている。

 

5 / 5

地域の豊かな自然環境を体験し、学ぶ【 】により、都会からの交流人口を増やして、都市と地方の共生を図ることなどが考えられる。

 

Your score is

The average score is 91%

0%

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました