転職活動で最初にやるべきことは?【結論:自問自答】

お金を作る

どうも、宮古です。

今回は転職活動をする際に最初にやるべきことについて記載します。

 

 

あなたはなぜ転職をしたいの?

あなたはこの問いに答えられますか?

この問いに対して明確に答えを言うことができればあなたの転職活動は間違いなく成功します。

逆にすぐに答えられなかったり、質問者や質問するタイミングが変わると言うことも変わったりする方は転職活動で苦戦する可能性が非常に高いです。

実は、この問いに答えられるかどうかで転職活動の難易度は大きく変わります。

 

 

面接に突破できない人の特徴

この「あなたはなぜ転職したいの?」という質問は面接で100%聞かれる質問であり、この質問だけで合否が決まると言っても過言ではありません。

例として、2人の転職活動者の回答を見ていきましょう。

Aさん「上司との人間関係に問題があったからです。私と上司は普段から意見の食い違いが多く、このままでは私の○○というサービスを開発したいという意見が通らないと思い転職を考えました。」

Bさん「自分の可能性を広げるためです。私は現在△△の仕事を約3年経験しました。今後は御社のサービスに私の△△の経験を組み合わせて、新しく○○というサービスを開発したいと考えています。」

あなたが面接官だったらどちらの転職活動者に内定を出しますか?

断然Bさんですよね(‾・ω・‾)

 

面接官がこの質問をする意図は

  • この会社で長く働いてくれるか?
  • この会社の社員と協力して仕事ができるか?

を図ることです。

内定を出してもすぐに辞められてしまっては会社にとって大きな損害となります。

また、社内で起きる問題で一番多いのが人間関係によるトラブルです。社内に1人でも変な人がいると会社の雰囲気は悪くなってしまうので、トラブルを起こす可能性がある方をできるだけ面接で落としておく必要があります。

面接官は「今の会社を辞める」というマイナス要素をどのように破壊してくれるかを見ています。この意図をしっかり掴んで回答をしないと何社受けても内定はもらえません。

 

 

転職の軸を明確にする方法

転職の軸を明確にする際に有効な手段が「なぜなぜ分析」です。

なぜなぜ分析とは、「そう思ったのはなぜ?」を複数回繰り返して掘り下げていくことで本質部分を明確にしていく手法のことです。

  

例えば、転職活動をする理由を「給料が低いから」とします。

Q:なぜ転職したいの?

A:給料が低いから。

Q:なぜ給料が低いとダメなの?

A:子供を大学に通わせられないから。今の給料では生活するので精一杯で、大学に通わせる余裕がない。

Q:なぜ子供を大学に通わせたいの?

A:良い会社に入社してもらいたいから。

Q:なぜ良い会社に入社する必要があるの?

A:給料の高い低いは能力ではなく働いている会社(立場)によって違うから。必ずしも元請けの社員が下請けや派遣社員よりも能力が高いというわけではない。そんな理不尽なことがあってたまるか!!

「なぜ転職したいの?」という質問から、立場に対する不満が出てきました。これが転職を決意した本質部分です。

この「立場に対する不満」を転職の軸にすることで転職する理由を明確にすることができます。

上記の転職理由にマイナス要素の破壊を意識して構築すると「私は△△という技術を持っています。その技術を下請けという狭い範囲で使って人生を終えるのではなく、自分の視野と可能性を広げて使いたいと思ったのが転職を考えたきっかけです」という感じになります。

いかがでしょうか?前向きな転職活動者に見えませんか?

 

 

内定をもらうには「自問自答」が必須

転職活動を始める際に最初にSPIや面接対策の参考書を買いがちですが、それよりも自問自答して自分が考える本質部分を明確にしておく方がずっと大切です

面接官は人間性を見るプロです。小手先・嘘は即バレます。本気で自問自答をしましょう。

この記事を通して内定者が増えることを願います!

では(‾・ω・‾)

コメント

タイトルとURLをコピーしました