頭の回転を速くする方法!大事な試験・面接前の1週間前に見る記事

お金を作る

どうも、宮古です(‾・ω・‾)

普段の生活の中で、

  • 物忘れが激しくなった
  • 単語や人の名前が出てこない
  • 言葉のキャッチボールがスムーズにできない

と感じることがよくあります

私はそれを総じて頭の回転が遅くなったと言っています。

 

頭の回転が遅くなると、会社でミスをしたり物忘れをしたことに対する嫌悪感を抱いたりするため、気づいた時に対策をするようにしています。

今回は私が実践している「頭の回転を速くする方法」について記載していきます。

特に、人生を左右する試験や面接がある場合は1週間前に試してほしい方法です。

 

 

そもそも脳が疲れている?

頭の回転が遅くなる原因として脳が疲れているが挙げられます。

例えば、

  • スマホ・パソコンの操作時間が長く睡眠不足気味
  • 仕事や試験のプレッシャーでストレスが溜まっている
  • ダイエット等でバランス良い食事を取っていない

といった行動が脳疲労を引き起こす原因となります。

 

逆に、

  • しっかり睡眠を取る
  • ストレスフリーな環境を作る
  • バランス良い食事を徹底する

を心がければ脳疲労が原因で頭の回転が遅い場合はほとんど改善されます。

これから記載する頭の回転を速くする方法は、脳疲労がないことを前提としています。

 

 

行動1.5倍速化で頭フル回転

私が「そろそろ頭の回転を速くしておくかぁぁぁあ!!」と考えた時は、普段の行動を1.5倍速化しています。

これが本記事の結論になります。

 

例えば、

  • 歩く速度を1.5倍速にする
  • 本を読む速度を1.5倍速にする
  • 話す速度を1.5倍速にする
  • 頭の中で考える速度を1.5倍速にする
  • キーボードのタイピング速度を1.5倍速にする

です。

習慣化された行動は頭を使わなくてもできます。

普段の行動に頭を使う工夫を加えたいと考えて実施したのが行動1.5倍速化です。

 

 

この場で行動1.5倍速化を試す方法

この場で行動1.5倍速化の効果を実感する方法として、

  • YouTubeを1.5倍速で見る
  • メンタリストDAIGOさんのYouTubeチャンネルを見る

が挙げられます。

 

普段見ている動画を1.5倍速で見ると内容が理解できなかったり、言葉が聞き取れなかったりしますが、慣れてくると少しずつ理解できるようになってきます。

速度変更方法は下記の通りです。

YouTubeを倍速で再生する方法(PC&スマホ)- ショートカットキーも便利!
YouTubeには、PC(ブラウザー)とスマートフォン(アプリ)のどちらにも、動画の再生速度を変更する機能が用意されています。長い動画を見たいけど時間がない、早く続きが見たいときに使ってみましょう。逆に、スローモーションで再生することもできます。

 

メンタリストDAIGOさんの動画はデフォルトで早口です。私も見始めた時は「早口過ぎて聞き取れないよ」と思っていましたが、現在は余裕で聞き取れて内容も理解できるようになりました。

【なぜかやりがち】頭良くなりそうにみえて実は役に立たないこと

最初は大変でも行動1.5倍速化に慣れることができれば、誰でも頭の回転を速くすることができます。

 

 

行動1.5倍速化のメリットは他にもある!

行動1.5倍速化を実行すると頭の回転が速くなる以外に大きなメリットを得ることができます。

それは「時間を短縮できる」です。

行動を1.5倍速しているので当たり前ですがね(‾・ω・‾)

 

例えば、本を1.5倍速で読むと1.5倍速く本を読み終えることができます。その後は別の本を読むのも良いですし、普段1回しか読まない本を2回読んで理解を深めるのも良いです。

1.5倍速で歩いて帰宅した場合は、いつもより1.5倍速で家に着くためプライベートの時間が増えます。

こんな感じで行動を1.5倍速化することで、普段何気なく消費にしていた時間を回収することができます。回収した時間は勉強に使ったり睡眠に使ったりすることで更に頭の回転を速くする行動をとることができます。

 

スポンサーリンク

 

 

大事な試験・面接前の1週間前に試す

就職試験や進学試験・面接などの短時間で成果を出さなければいけない場面では、頭の回転の速さが合否に大きく影響を与えます。

そのため、試験対策をするのも大切ですが、普段の行動を変えて頭の回転自体を速くすることをオススメします。

私も転職試験前に頭の回転を速くする行動を心がけて実施して内定をもらうことができました。

ぜひ試してみてください。

では(‾・ω・‾)

コメント

タイトルとURLをコピーしました