【心理】買う前にあることを考えると衝動買いがなくなる【節約】

お金を守る

どうも、宮古です(‾・ω・‾)

2019年10月に消費税が8%から10%に増税となったことで、今までと同じお金の使い方では生活費が足りなくなっている人が続出しています。

 

国民が増税に苦しんでいるにも関わらず、国際通貨基金(IMF)はさらに15%、20%と増税しようとしているとか。。。。

増税すると国民がお金を使わなくなり、財政悪化が進行することに気づかない「高学歴のみが取り柄の上級国民」が日本を壊そうとしてますね(‾・ω・‾)

私はずっと倹約をしてきましたが、今後さらに倹約を強化して消費を減らす方向で考えています。

 

 

衝動買いがなくなる心理術

結論から言うと買う前にその商品を捨てる時のイメージをするです。

 

例えば、ガチャポン(またはガチャガチャ)です。

昔は100円だったガチャポンですが、現在は200〜500円と高騰化が進んでいます。品質が向上している分しょうがないことですが、子供が欲しがるたびに購入していては生活費が足りなくなってしまいます。

 

買うかどうか迷った際はその商品が廃れる姿を想像しましょう。

  • 購入した時に子供は喜ぶが、その喜びはいつまで続くか?
  • 家に着いたらどこに飾るか?
  • そもそも家に着くまでになくさないか?
  • 家に飾った後はどのように管理するか?
  • 埃が被って汚くなるのではないか?
  • 大掃除した時に真っ先に捨てるのではないか?

こんな感じで商品が廃れてどのように捨てられるかを想像すると購買欲が下がります。

 

ガチャポンはギャンブル性があり、何が出てくるか分からないワクワク感でつい買ってしまうことがありますが、買った後にそれを大事にできないのであれば買わないようにしましょう。

 

 

欲しいものは買わない意識

商品を買う際は、それが下記のどちらに分類されるかを考えましょう。

  • 欲しい商品
  • 必要な商品

 

単に自分の欲望を満たすために購入するのか、それとも生活する上で必要不可欠なものかを分類することで無駄な消費を防ぐことができます。

そして、その商品を大切に使い続けるイメージができるのであれば購入すべきだと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

必要な商品を買い占める人たち

現在コロナウイルスのパンデミック(感染爆発)が起こっており、全国の店舗でマスクの在庫が不足しています。まさか私が住んでいる田舎のスーパーですらマスクが売り切れるとは思いませんでした。びっくりです(‾・ω・‾)

感染拡大を防ぐためにマスクは「必要なもの」ですが、それを逆手にとって転売目的で購入している人が後を絶ちません。転売ヤーにとってはマスクはお金を稼ぐために「欲しいもの」に分類されます。

 

このように、必要なものを転売ヤーに買い占められてしまうケースがあるため、オークションやフリーマーケット等で規制して欲しいと考えてます。

 

 

最後に

やや話は逸れましたが、商品を見た瞬間に「欲しい!買おう!(*゚∀゚*)」と衝動的になるのではなく、一度深呼吸してから「この商品は必要か?大事に使い続けられるか?捨てる時はどんな状況か?」と頭の中で考えることで衝動買いを防ぐことができます。

増税と同時に給料も増えているのであれば問題ありませんが、現在の政策は国民を貧乏にしようとしているとしか考えられないため、自分の貯蓄を守るためにも衝動買いはしないようにしましょう。

では(‾・ω・‾)

コメント

タイトルとURLをコピーしました