新入社員に求められる2つの資質とは?成長する人しない人の違いが分かる

お金を作る

どうも、宮古です(‾・ω・‾)

4月1日に多くの方が社会人デビューします。

入社後、同期と同じように研修を受けて同じように仕事をしているはずですが、半年後には大きな差が生まれ始めます。

なぜこの差が生まれると思いますか?

 

その理由として「学歴やIQといった頭の良さでは?」と答える人もいますが、私はその人自身の資質だと考えます。

そこで今回は新入社員に求められる資質というテーマで記載していきます。

 

 

新入社員に求められる資質はこの2つ

結論から言うと、新入社員に求められる資質は、

  1. 素直であること
  2. 前向きであること

の2つです。

ちなみに資質とは、生まれつきや育った環境でその人が自然に備えた能力や性質のことを言います。

 

素直であること

例えば、2人の新入社員(Aさん、Bさん)がいたとします。

私「この資料だけど、ここの文章こんな感じで直してくれる?」

Aさん「はい。分かりました」

私「この資料だけど、ここの文章こんな感じで直してくれる?」

Bさん「なんでですか?私はこれで良いと思いますが。。直した方が良いですか?」

 

Aさんは私の意見を素直に聞いて文章を直す部下、Bさんは私の意見に反論して文章を直さない部下の例です。

 

あなたが次に仕事を頼むとしたらどちらの部下に仕事をお願いしますか?

 

断然Aさんですよね(‾・ω・‾)

私が「こんな感じで直してくれる?」と言った理由は、文章が正しい正しくないの問題ではなく、お客さんに説明した際に伝わりやすくしたかったからです。

忙しくなければBさんにその理由をちゃんと説明しているかもしれませんが、忙しい時に反論されると「じゃあいいや、自分で直す」となります。

 

こんな感じで素直に仕事を受け入れる方と受け入れない方では仕事をお願いされる頻度が異なってきて、同時に成長スピードも変わってきます。

 

 

 

前向きであること

またまた2人の新入社員(Aさん、Bさん)がいたとします。

私「今忙しい?もう少し頑張れたりする?」

Aさん「暇です!まだまだ頑張ります!」

私「今忙しい?もう少し頑張れたりする?」

Bさん「今忙しくて無理です。もう頑張れません」

 

Aさんはポジティブワードを言う部下、Bさんはネガティヴワードを言う部下の例です。

 

武田真治さんは筋肉体操でネガティヴな言葉を口にしているうちは成長しないと言っていて、もし言ってしまった場合は「筋トレやり直し!」となります。

 

私は武田真治さんの考えに同意で、ネガティヴワードが口癖の人は1年中言っています。

実際同じ職場で「忙しい」が口癖の人は全く仕事がなくても「忙しい、忙しい」と言っています。必死に忙しいふりをしているかのように。。。

 

逆に冗談でも「暇です」「余裕です」と言っている方には仕事も人も集まってきます。 

本当に仕事の負荷が高くて無理な状況であればしっかり報連相をすべきですが、普段からネガティブワードが口癖になっているとどんどん仕事がなくなるので注意が必要です。

現在はリストラが当たり前になりつつあるためは、仕事がなくなるのは避けたいところです。

 

 

ハッキリした返事を心がける

新入社員に求められる資質について記載してきましたが、実際資質に恵まれていなくても改善する方法があります。

それはハッキリした返事をするです。

 

私はどうせ仕事をするのであれば、気持ち良く仕事をしたいと考えているため、仕事を依頼された時は「はい。分かりました!」とハッキリした返事をするようにしています。

ハッキリした返事をすることで上記の資質があるように思われますし、依頼した方も気持ちが良いため次も仕事を依頼してきます。

逆に「今忙しくて大変だけどやります」という感じで、結果は変わらないのに無駄な言葉が入ることで依頼した方の気分は悪くなってしまいます。

 

ネガティブワードは、

  • 時間の無駄
  • 気分の変動の無駄

なので、できるだけ言わずにシンプルかつハッキリした返事を心がけましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

仕事で認められてから自分を出す

正直に言うと、仕事で成果を出していない人はいくら正しいことを言っても誰も聞いてはくれません。

そのため、まずは素直に言うことを聞いて仕事で成果を出すことを最優先にし、こいつがいなくなったら困るという状況になってから自分を出すようにしましょう。

人の意見を受け入れないのに、自分の意見を突き通そうとする方は将来間違いなく老害に進化します。まずは自分を客観的に見て、「私は意見を言う立場にあるだろうか?」と自問自答することを心がけましょう。

 

 

最後に

ここで記載したのはあくまで新入社員に求められる資質であり、ある程度仕事ができるようになったらどんどん自分の意見を言う側になって「言われたことしかやらない」と言われないようにする必要があります。

状況や経験年数に応じて自分の対応も変化させる必要があるので社会人は難しいです。

仕事をする際は「素直に意見を受け入れつつ自分の意見も持つ」ようにして、成長を意識しながら楽しく学びましょう!

では(‾・ω・‾)

コメント

タイトルとURLをコピーしました