【ダメ上司あるある】部下のモチベーションを意識した仕事の頼み方ができない

お金を作る

どうも、宮古です(‾・ω・‾)

私は現在20代ですが、自分が上司(幹部社員)になった時に、部下に慕われるためにはどのような発言・行動を行うべきかを常に考えています。

そのため、私の周りにいる上司が部下に対してどのような発言をしているか、問題が発生した時に上司はどのような行動をするかを観察しています。

 

そこで今回は、私が感じた「ダメ上司あるあるシリーズ 仕事の頼み方の巻」を記載していきます。

 

 

仕事は頼み方で決まる

どうせ仕事をするのであれば楽しくてやりがいのある仕事をしたいですよね(‾・ω・‾)

「楽しい仕事だったらそりゃあ楽しいでしょ!社会はそんなに甘くない!時にはやりたくない仕事もあるから!」と言う方もいますが、私は仕事の頼み方1つで部下を楽しく仕事させられると考えています。

 

2人の上司(上司Aさん、上司Bさん)がいたとします。

上司Aさん「ちょっと宮古くん仕事手伝ってくれる?猿でもできる簡単な仕事だから。誰でもできる仕事だけど一番暇そうな君にお願いするよ」

上司Bさん「ごめん。今手がいっぱいでこの仕事できないから手伝ってくれる?」

 

あなたはどちらの上司の元で働きたいですか?

 

 

仕事内容は全く同じでもモチベは違う

仕事の内容は全く同じでも、断然上司Bさんの元で働きたいですよね(‾・ω・‾)

ポイントは部下にやりがいを感じさせられることはできたかです。

 

上司Aさんは仕事を頼む際に、

  • 猿でもできる簡単な仕事
  • 誰でもできる仕事

という言葉を使っています。

「簡単」や「誰でも」という言葉は仕事をお願いする際に絶対に使ってはいけないNGワードで、これを使うと「誰でもできる簡単な仕事だったら別な人にお願いすればいいじゃん。今度から声をかけられないように忙しいふりをしよ」と考えます。

また、仕事をやり上げたとしても達成感は得られず、ただ時間を消費しただけになってしまいます。

 

上司Bさんの場合は、同じく簡単な仕事でも上司Bさんができない仕事になります。そして、仕事を終えた時に忙しい上司Bさんを助けたという達成感を得ることができます。

同じ仕事でもここまで変わります。

 

スポンサーリンク

 

 

最後に負けられる人が良い上司

上司は部下より偉いのは当たり前であって、それを盾にマウントをとるような人は人間的に小さいと思います。

 

上司と部下の関係以外に、

  • 元請けと下請け
  • 正社員と非正規・派遣社員
  • 日本人と外国人

等でも同様のことが言えます。

 

ここで上司Aさんの言い分がコチラです。

上司Aさん「俺は偉いんだから頼んだ仕事は黙ってやれ!部下のモチベーションなんていちいち考えてられるか!俺は忙しいんだ!」

出ました忙しい発言!

私はどんな状況でもやれる人はやれるし、やれない人はやれないと考えています。そのため、忙しいが口癖の人はちょっとの言い回しで部下のモチベーションが上げられるとしても行動しません。

自分ができない=負けを認めた上で仕事を頼み、部下を勝たせることで上司と部下の関係が良くなることを理解しましょう。

 

 

部下あっての上司

忘れてはいけないのが部下がいて初めて上司がいるということです。

そのため、上司が慕うべきは自分よりも上の方ではなく部下です。部下が誰もついてこなければあなたは下に降りるしかありません。

部下は従って当たり前と考えるのではなく、部下に気持ちよく仕事をしてもらうためにはどうすればよいかをしっかり考えてから発言するように心がけましょう。

では(‾・ω・‾)

コメント

タイトルとURLをコピーしました