【コロナショック】日経平均株価の2番底はいつくる?暴落後の世界は?

お金を育てる

どうも、基本的に含み損を抱えている系ブロガーの宮古です(‾・ω・‾)

 

2020年3月はコロナショックによる経済停滞で、日経平均株価は大きく下落しました。損切りせずに含み損を抱え続けている方、泣く泣く損切りをした方などさまざまだと思います。

こんな暴落はもう2度と経験したくはありませんが、コロナショックによる暴落はまだ続くと考えています。

 

 

2020年3月の投資結果のおさらい

暴落時に私も少しだけ損切りをしましたが、そのダメージを1万円以内に収めることができました

3月の収益報告をした記事はこちらです。

 

これまで複数の配当&株主優待銘柄やJリートを保有していましたが、2019年12月にほとんどの銘柄を売却して「日経ダブルインバース(1357)」を買い込んでいました。

投資スタイルを変更した理由は、書籍やニュース等で「このご時世投資をするのが当たり前!日経平均米株共に絶好調!バブルバブル!」という雰囲気が漂っており、実体経済と株価がミスマッチ状態になっていたからです。

ビットコインもそうですが、「投資=簡単に稼げる」と誰もが思ったタイミングで暴落します。不思議ですね(‾・ω・‾)

 

 

2番底はいつくる?

現在の日経平均株価はやや上昇傾向にあるものの、

  • コロナウイルスがまだ収束していない
  • 働けない方が大勢いるにも関わらず経済対策が微妙
  • 実体経済と全くマッチしていない

という状態になっています。

 

2019年12月に感じたミスマッチ感よりもさらに大きく歪み始めているような気がします。

そのため、2番底はほぼ確定でくると予想しています。

 

具体的な期間としては「4月23日〜5月15日」の間で大きく下落し始めると予想しています。

日経平均が12,000円くらいまで下がったりして。。。(´・ω..:;.:..

 

スポンサーリンク

 

 

想定する要因は3つ

2番底がくる要因は下記の3つを想定しています。

  1. 過去の暴落時も約1〜2ヶ月後に再度暴落した
  2. 4月下旬から5月中旬にかけて決算のオンパレード
  3. 倒産する企業及び職を失う方が続出

 

リーマンショック時のチャートを見ると、2008年9月15日に日経平均株価11,609円で一度暴落がストップ及び反転しましたが、その1ヶ月半後の2008年10月26日に再度下落が始まり7162円まで暴落しました。結構ゾッとするチャートです。

リーマンショック時のチャートについては下記サイトで綺麗にまとめられています。

株価暴落(暴落):リーマン・ショック | 投資の森
「リーマンショック」とはいつ起きたのか、原因とは?簡単に解説をします。

 

また、4月下旬から5月上旬に中旬にかけて多くの企業が決算を発表します。 

決算カレンダーは下図の通りです。

 

特に多いのが、

  • 4月24日の383件
  • 5月8日の1,020件
  • 5月13日の377件
  • 5月14日の543件

の4日です。

おそらくコロナ騒動が発生した2月〜3月の業績も反映されていると思うため、できるだけ飲食系や旅行系の現物を保有するのは避けたいところです。

 

 

現在の株保有状況について

現在は日経ダブルインバースを580口保有し、約3万5千円の含み損を抱えています(‾・ω・‾)

 

1度に大量に購入するのではなく、株価が下がったタイミングで少しずつ買い増ししています。

下の図は180口購入した際の注文照会です。

予想が外れて株価が爆上げした場合は大惨事です笑

 

 

コロナショック後の世界はどうなる?

コロナショックが落ち着いて、また経済が動き出した時に「日本バブル」が始まると考えています。

理由は、外出自粛により溜まったストレス・消費欲が爆発し、モノが大量に購入されたり毎日外食したりする方が続出するからです。実際に収束傾向にある中国では爆買いが始まっています。

また、今後の状況にもよりますが、感染者数・死者数が他の国に比べて少ない日本に移住する方が増えると予想しています。私的には台湾の対応の方が素晴らしかったので台湾バブルもあると考えています。

 

2番底を確認後は去年と同様で配当・株主優待株及びJリートの買い直しを行います。

早くて6月初旬くらいから始まると想定しています。

 

現在は暗いニュースばかりで萎えてしまいますが、その後は経済が活性化すると思うのでまずは生き残ることを最優先にして過ごしたいと思います。

さて、どれくらい予想があたるのか楽しみです!

では(‾・ω・‾)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました