「おばあちゃんでもできる起業へのステップ」を見た感想【竹花さん】

お金を作る

どうも、宮古です(‾・ω・‾)

今回は竹花貴騎さんが運営するYouTubeチャンネル「竹花貴騎MUPビジネスカレッジ」より、【おばあちゃんでもできる起業へのステップ】需要と供給を観察するクロスコスト戦略を見た感想を記載していきたいと思います。

 

 

動画「おばあちゃんでもできる起業へのステップ」

参照元動画はこちらです。

【おばあちゃんでもできる起業へのステップ】需要と供給を観察するクロスコスト戦略

 

 

スモールビジネスを難しく考えない

「世界を変えたい」「社会を変えたい」などと大層なことは考えないで、小さい中でできることを探していけばそれはビジネスになります。

これはサラリーマンだろうが、経営者だろうが関係なくできることで、とにかく新しいことを初めて見ることが大切です。

「ビジネスを始めよう」と聞くとついついできない理由を考えがちになりますが「どんなに小さくてもいいから新しいことを始めてみよう」と聞くとできそうな気がしてくる!難しく考えないことが重要ですね。

 

 

「ビジネスとは?」を改めて言うと

ビジネスの原点は何かというと需要と供給です。

あなたが今持っているものを持っていない人がお金を出して買うこと

これがビジネスです。

大手に転職して感じたのが「会社に行ってパソコンの前に座ること」「上司の言うことを聞くこと」でお金がもらえると考えている人が多いこと。ビジネスって何?需要と供給って何?とは違う次元で生きている人が多い。そうはなりたくない!

 

スポンサーリンク

 

 

「自分にはできない」は禁句!

「私は資格がないからできない」「学歴・経歴がないからできない」とできない理由を言う人がいます。おそらく資格や学歴があったとしても別なできない理由を考えるに違いありません。

 

その時に考えるのが、変わるべきは「自身」ではなく「やり方」、「何を売るか?」ではなく「どこで売るか」ということです。

 

例えば、「タクシーの運転手は酔っ払っている人を乗せるのではなく、介護を必要とする人を乗せる」です。

タクシーの「人を乗せて運転する」という本質部分は変わっていません。変わっているのは乗せている人だけです。酔っ払いを乗せた場合、移動中に吐かれたり絡まれて口論になったりする可能性がありますが、介護を必要とする人を乗せた場合は感謝されます。

現在私が取り組んでいる部分です。大手といえど業績が下がっており、原価率もかなり高い仕事をしています。しかし、本質部分は変えずに「やり方」や「どこで売るか」を考えて視点を変えることで道は開けると考えています(最強に良い案が浮かんだら自分の事業にしちゃいますがね笑)

 

 

スモールビジネスを作る際の3つの戦略

スモールビジネスを作る際の3つの戦略は下記の通りです。

  1. コスト戦略・・・時間と場所の隙間を利用
  2. 動的価格(DP)戦略・・・需要と供給で価格を変える
  3. コミュニティ戦略

 

普通の経営者は「1.店を作る」→「2.メニューを決める」→「3.価格を決める」という順番でやりがちですが、「1.店を作る」→「2.いくら稼がないと赤字か、いくら稼ぐと幸せになるかの両方を洗い出す」→「3.メニューを決める」の順番で進めるのが成功の秘訣です。そして商品が売れるようであれば価格を高くします。

これは今回一番視界が広がった言葉です。確かに「いくら稼ぎたいか?」が明確になれば、商品の売り方や質も自ずと変わってきますね。

 

 

1日1竹花さん

竹花さんの動画を見ていると「できない理由を考えている時間は無駄!自分にも絶対できる!」とポジティブな思考に変わります。

1日1竹花さんをこれからも続けて視界を広げていきたいと思います。

では(‾・ω・‾)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました