【年収UP】あなたが下請けで終わる理由は○○のみに着目しているから

お金を作る

どうも、宮古です(‾・ω・‾)

今回は竹花貴騎さんが運営するYouTubeチャンネル「竹花貴騎MUPビジネスカレッジ」より、【今年から年収上がる】社会人に必要な三つの働き方戦略の内容まとめと見た感想を記載していきます。

 

 

動画「社会人に必要な三つの働き方戦略」

参照元動画はコチラです。

【今年から年収上がる】社会人に必要な三つの働き方戦略

 

 

社会人に必要な三つの働き方

将来的には経営をしたい、副業をしたいなど何かを始めようと思っている方は下記三つは絶対に抜かしてはいけません。

  1. スキルの前後のプロセスに着目
  2. 価格を下げない取り組み
  3. コミュニテイの形成

これらについて解説していきます(‾・ω・‾)

 

スポンサーリンク

 

 

○○だけでは一生下請け

何かスキルがあるとすると、そのスキルの前後のプロセスを一番重要視しなければいけない。

動画編集者から「動画編集者として今後どのようにお金を稼いでいけばいいですか?」と聞かれることがあるけど、動画編集というスキルしかなければ下請けとしてしか仕事は回ってこない。スキルだけでは価値がないわけで、動画編集だけであれば大学生にもできる。だから前後のプロセスが必要。

例えばホテルの撮影で動画編集の人が仕事を受けたとして、「あなたのホテルはここが問題です。こういう風にすると良くなります」という感じでブランディングしてあげることで、一貫して仕事をすることができる。

自分の仕事の幅を広げたり価値を上げたりするにはスキルだけではなく、提案能力も必要となってきます。

 

頼まれた仕事を100%の品質で納品するのは当たり前の話で、そこに自分の提案を加えることで105%、110%と完成度を高くすることができます。その意識があるかないかで一生下請で終わるか、給料がどんどん上がっていくかが決まるということです。

もしあなたが下請会社や派遣社員/契約社員として働いていて現状を変えたいのであれば、スキルの前後のプロセスに着目してみてはいかがでしょうか。

 

 

売上を上げたいなら顧客を減らす

お店を作った時に2本のラインを考える必要がある、

1本目のラインは、利益分岐点。最低でも○○円売上げないと赤字になるというライン。

2本目のラインは、ハッピーライン。これを決めていない人が多い。例えば、500万円売上げたとして500万円の経費がかかると手元には何も残らない。「俺はどうしても500万円ポケットに入れたいんだ」と考えたら1000万円の売上を出す必要がある。それを考えてからプライシングをする。

たくさんお客様がきた場合は、逆にお客様を減らす施策をして単価を上げることを繰り返していくとお店が良くなる。

私は価格を決めるような仕事をしていませんが、もし自分が事業を始める時は必ずハッピーラインを明確にしたいと考えています。

 

今ふと思ったのが「ブログでも同様のことが言えるのではないか?」ということです。

「ブログで年収3,000万円を稼ぐ!」と決めた場合、その金額を稼ぐための行動を逆算することでやるべきことを明確化することができます。後はいつまで実現したいかを決めたら、毎日どのくらいの作業をこなせば良いかが決まってきます。

1年で達成したい場合は品質の高い記事を1日10記事くらいですかね(゚Д゚;)

 

スポンサーリンク

 

 

コミュニティ無しで安定経営は不可能

あなたが何かをする場合はコミュニティを意識した方が良い。

今MUPでやっていることはまさにコミュニティの形成。経営をしたらお客様がくるから、そのお客様同士でコミュニティを作らない限りはどんどん流出してしまう。MUPではオフラインのイベントをやって、プライベートでも集まるようになって、仲良くなったきっかけは?と聞くと「MUPです」と回答がくる。こうなるともう離れない。

こんな感じで横のつながりを作らない経営者が多い。

私もコミュニティの形成を行っています。

本来であれば本業の方と副業についての話はすべきではありませんが、似たような考えを持っている人を見つけることができたので、副業の話をしています。

これからの時代は「この会社は定年まで雇ってくれるし、絶対に倒産しない会社だから安定だ!」と考えてはいけない時代です。そのため、どんな状況になっても対応できるように知識とスキルを養っておく必要があります。だから私はビジネスに関する勉強をしています。

 

コミュニティを形成し、情報共有とリスク分散をしながら新規事業に挑戦できればいいなと考えています。

では(‾・ω・‾)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました